<style>.woocommerce-product-gallery{ opacity: 1 !important; }</style>
言語

これが本当のBitcoin?

Bitcoin CashはBitcoinです。ここで驚くべき誕生秘話をお伝えしましょう。

Bitcoin 電子通貨? それとも貯めておくもの?

Bitcoinは、Peer to Peer型の電子通貨として設計されました*。世界中にどんな通貨を送金するよりも早く、安く、より信頼できる方法で送金ができる仕組みです。しかし、2015年にBitcoin開発は全く違ったビジョンを持った人々のグループによって乗っ取られてしまいました。

Bitcoinは根本的にずっと貯めておくべきというビジョンを掲げていました — 使用を続ける限り値段が永遠に上がり続ける何かであると。このビジョンに従い、最高1回の処理*に、$60の手数料が必要な程にまで手数料は上がり続けました。

Bitcoinはもはや、電子通貨ではありませんでした。

検閲 反対意見を聞き入れない

当初のBitcoinユーザーの大半はその新しい方向性に反対でした*。ネット上又はその他でも熱い討論が繰り広げられ「電子通貨を貯め続ける派」のグループがオープンソースプロジェクトでは前例のないあることを行いました。それはBitcoinディスカッションチャンネル中の反対意見を検閲をして削除したのです*。また、彼らの新しいビジョンに反対したディベロッパーをチームから追い出すようなこともしました*

検閲は中央集権の副産物であり、いつの時代であれ、実施されると危険です。Bitcoinは権威主義の技術者に置き代えられるのではなく、中央に集中するように計画された銀行システムから自由になるように設計されました。

幸いながら、Bitcoinには支配したい人々から逃げる方法も備わっています。

分裂 分かれ道

2017年8月、陣営が二手に別れました。BitcoinはBitcoin CashとBitcoin Coreに分裂し、Bitcoinの設計上、分裂時にコインを持っていた人々のうち誰もお金を失くした人はいませんでした。実際、Bitcoinを持っていた全員が同じ価値のコインをどちらも取得することができました。

電子通貨グループ (Bitcoin Cash)は直ちに全ての送金をほぼ一瞬で、実質的に無料でできるようしました*。「電子通貨を貯め続ける派」のグループ (Bitcoin Core) は未だに手数料や処理時間を減らしていません*し、それどころか理論上でしか通用しないような複雑な特徴を追加しています。

そう、 Bitcoin Cashは本当のBitcoinなのです

最近では、Bitcoin CashとBitcoin Coreは Bitcoinの名をめぐって争っています。私たちは、どのぐらいこの争いが続くのか目処もつけることができないでいます。ほとんどの報道機関や通貨為替がBitcoinと言う時は、ほとんどはBitcoin Coreを意味しています。じきに、Bitcoin Cashがその名を引き継ぎBitcoinはBitcoin Cashを意味する時が来ると私たちは信じています。

このトピックについては深く調べ、両方の意見を理解してみることをオススメします*。相手の立場に立って事情を説明してみると、多くの理性的な方々は、「電子通貨を貯め続けること」ではなく「現金のように使える電子通貨」こそが革命的な世界を変えるコンセプトだと気がつきます。そして、Peer to Peer型の電子通貨が経済的自由の実現に有益であると考える方々は、既にBitcoin Cashに移っています。

コミュニティーに参加する

オープンなBitcoin Cashチャットグループに参加して、開発や新しいプロジェクトなど、Bitcoinの色々なことについてのディスカッションに参加する。

参加しよう!

ページについてフィードバックする

トップページに戻る